アレンジメント 釣りとメシ 北の観桜会

北の観桜会

更新が遅~くなりましたが(汗)












私、TOSH




久しぶりの旅に出ておりました^^










向かった先は北の大地












北海道


1年半ぶり?です


相棒はおなじみ(笑)



画像 028


壱岐の熊ちゃん漁ちゃん




今回の旅はそんな漁ちゃんとつながりのある北海道の方々におんぶにだっこで楽しんじゃいました♪






さて、今回の旅の最大の目的は桜を観に行くことでしたが・・


北海道に?この時期に?桜を観に??わざわざ北上???っと思った方もいるでしょうが





桜は桜でも桜鱒サクラマスを釣りに行ってきたのです!!



櫻鱒サクラマスとは山女ヤマメの降海型(サケのように川で産まれ、海に降り、また川に帰ってきて産卵する)

ヤマメはサクラマスの陸封型(川や湖で一生を終える)とも言える


成魚としての見た目、大きさは全然違うのに魚としてはおんなじ魚という・・



だからサクラマスのカップルの産卵シーンに

ちっこい雄のヤマメが割り込んで放精してるのをテレビで見たことがある(サツキマスやったかも知れんけど)






マスの仲間にはこんなのがいっぱいあって



アマゴが海に降ってサツキマスに

ニジマスが海に降ってスチールヘッドに

ベニザケがカルデラ湖に閉じ込められてヒメマスになどなど・・


ロマンがいっぱい


狙いは川に遡上する前に海岸付近をうろつくサクラマスの群れ

甘くない釣りなのはわかってるつもりですが、ワクワクです♪




北の大地にこのロマンを探しに行ったのです




九州ではまず無理でしょ?

豊かな大地と堰の無い、曲がりくねった冷たい川がきっと必要なんでしょう・・



たいして勉強したわけじゃないんで(汗)このくらいにしときます^^;

ちょっとタイムリーな無料WEBコミックを見つけたので紹介しておきます


クリムゾンズ紅き航海者たち

この漫画はヒメマス(紅サケ)のお話ですが陸封型(ランドロックLAND LOCK)と降海型のことがわかりやすいかも?





初日の夕方、札幌に着いたら平山親分に迎えに来てもらって即合流


即ラーメン♪ありがとうございます^^

画像 003

この醤油らぁめん、ほんとに自分好みでした  麺や けせらせら


偶然でしたが早速のキタキツネの歓迎があり、ひとり興奮





ソコからは豪華キャンピングカーをお借りして、漁ちゃんと2人で最近調子がいいというK石方面へGO

親分、風邪で具合悪いのにホントありがとうございます。





ただ、夜の峠越えは路面凍結などが怖いので麓の駐車場で一泊



翌朝、のんびりと起き・のんびりと出発♪





雪景色はキレイで新鮮で楽しかった^^漁ちゃん運転サンクス!

ズ~~っとキツネの足跡探しよったよ♪

画像 007

画像 006


そんなこんなで釣り場に着いたのは昼前かな?




とりあえず、サーっと見て回りながら、




まっ、ここでいっか!?とりあえずやってみようぜっ!っと眼下のサーフに出撃






風強し、波ちょいあり、そして時々吹雪みたいな天候に二人して





「寒っみ~っ!!」とサーフを進む、たぶんこの初日が一番寒かったんじゃ!?

手と顔がイタイ・・



連続フルキャストと砂浜歩きで少し暖まったころ、



漁ちゃんが




「少し戻ってさっきのちっさい流れ込みで粘ってみようか?それしか無くない??」

激しく同意、そして即決(笑)



っていうのは当初の計画ではそのまま、えんえん歩いて駐車スペースがいっぱいで入れなかった有名エリア付近まで

行く予定だったが、気分的にだいぶシンドくなってきてた。。



なぜなら、一応、二人して流れや地形の変化を意識して攻めてはいたが、、

いかんせん二人とも海でのトラウトフィッシングが初体験なので、確かなものが何もない。。

ドコもイケそうに見えるしダメそうにも見える・・

沖か?手前か?ルアーは?レンジは?スピードは?合ってるのか??そしてノーバイト・・・

しかも二人とも粘る釣りが大の苦手^^;



ポイントとして明瞭・確実な流れ込みでひとつでも確かなモノをもって、粘ってみるってのは理にかなっていた




そんなこんなで流れ込み付近に何気なく投げて何気なく巻いていたその時

















ゴンッ!







突然、ルアーが岩にぶつかったような衝撃がロッドを襲う




バンッ!!





反射的に何も考えずに上半身はフッキングをキメていた



そのまま「キターッ!!」っと叫ぶ







ガッ!!!







やべ、根がかりやった・・^^;

























っと思ったら竿が叩かれだした




わっ!魚やった!!





「キタ、マジで来た。マジマジ!!」本人が一番びっくりして絶叫してます




でも、手はドラグを増し締めしながらのほぼゴリ巻きっ!強気です(汗)



かなりの重量感ながら、横に走らずボトムに突っ込むようなファイトに

根魚かヒラメかもとつぶやきながら上がってきたのは

























sakura65 8LB





堂々のサクラマス

ゴツい・・これが元はあの愛らしいヤマメか??

どう見てもワルモノ、悪役の顔です^^;

090917_1031_0001.jpg


TOSHの鬼バック&漁ちゃんのサポートでズリあげましたサンクス






いきなりのド本命に心の準備もなにもできてませんでしたが、



興奮しました

漁ちゃんと握手するとき手が震えていたのを覚えています

なにか叫んだかも!?



この魚のアタリとほぼ同時に漁ちゃんのルアーにも魚の反転があったらしい・・

きっと群れが通り過ぎるタイミングに私のルアーがぴったり合うように通ったのでしょう



いや~運がいい

マジ良すぎ♪





ホクホク顔で自慢のボガグリップでマスの顎をつかみ、撮影用に波打ち際で砂を洗おうとしたその時








つるっ!ぽしゃんっ!!



なんと魚が落ちた!

絶大な信頼をおいているボガで初めてのことです!!




でも珍しいことにまだルアー(針)を外していなかった

落ち着いてボガで再捕獲を試みる













スカッスカッスカッッ!!






掴めね~っ、ボガが壊れた~~っ!!

絶叫と大パニック



漁ちゃんの、「はよ上げりぃぃ!!」の言葉に我にかえり

リーダー持って再ずりあげでホッと安堵



マジ運がいい



しょうがなく漁ちゃんのマチェットを借りて掴もうとするとまたもスカッ!



なんで!?!?っと良くみると
















アゴが壊れてました  魚の・・




そりゃ、掴めんわなぁ。


後から現地の人に聞いたのですがサクラマスの口周りはとても軟らかく、大きいのは特に口切れで良くバラすらしい。

だから上アゴか下アゴの深いところにしっかりフックが刺さらないとなかなか獲れないそうな。

そのためにと敢えて太軸のフック(細軸は刺さりがいい反面、口を切り裂きやすい?)を使う人も。


ま、下アゴが壊れたんやけど・・北海道の人が誰もボガ系ツールを持ってないのが少しわかりました


この魚は上あごのセンターとジゴクとの間くらいの深いトコに厚くぶっすりとフッキング

ほんと運がいい






この後は夕マズメまで、忘れたころになんらかの反応があり、

二人ともキープキャスティングで(反応がある分、見切りを付けられない)ぐったりしつつノーキャッチ(二人でアーモンドチョコをかじながら空腹に耐えた・・)






甘くないことを痛感!









次の日の朝からは現地のスペシャリスト




ヌマっち&イッシーと合流
  
画像 015
こんなカンジで毎晩、車内飲み





この朝もノーフィッシュやったけどなかなかアツかった

立ち上がったウネリに泳ぐマスの群れが見えたもん!

跳ねたのも何度か見えたし!!




ただ、この時のイメージが後々に俺と漁ちゃんを苦しめる!?






それからは、海が大荒れの予報だったので




何気に俺も漁ちゃんも楽しみにしていた北海道でチップと呼ばれるヒメマス(紅サケの陸封型)を狙いに洞爺湖へ














撃沈でした















まるまるじゃないけど半日づつ二日間釣りをして完全ノーバイト




深く、広大な湖に手も足も出ず、何も掴めないまま終わってしまいました。。


未熟者でスイマセン






ま、キレイな景色の中で釣りができたってだけで十分に幸せです^^


画像 033

画像 034

画像 047

画像 046

画像 045

画像 039







ベイトのワカサギはいっぱい居たのに・・強風でどんどん打ち上げられてくる


コレも俺と漁ちゃんを悩ませた要因

だって、この状況で捕食者の気配を水中にも陸上にも一切カンジないってどうゆうこと?




ひたすらわかんないまま洞爺湖を逃げるように退散








次に向かうは、やっぱ海サクラマスでしょ!?




まだ荒れているはずなので初日のK石を避け、かなり北の湾状の遠浅サーフに案内してもらうもノーバイト・・




翌朝のS牧・Eノ島海岸に期待して早めに上がり、




気合を入れて朝マズメを攻めるっ!












も、みんなで仲良くノーバイト・・






簡単に書いてますが、がんばったんですよ!?



少しでも確率を上げようとあれやこれや考えながら流れ・地形を意識しながら、ひたすらに投げまくる。





いつか来る、いつか来る











すがるように念じながら。。




今年はシーズンインが遅いらしく岸に寄ってる群れがまだ少ないみたい・・

沖の船からは良く釣れてたらしい^^;





いやー、初日の1本がいかにドまぐれかが良くわかった数日間でした








この日の午前中でヌマっち・イッシーの2人とはお別れ


ts56557-img477x221-1294822398rgjdui83234.jpg



お互いに魚が見れない・見せられないがすごく残念ではあったけど

おかげですごく楽しい時間を共有できました^^ありがとうございます!!


またいつか\(○^ω^○)/








まさかの後編に続く・・
スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

待ってましたよ、桜紀行!
釣りキチ三平のエンディングで♪宇宙と自然に抱かれて明日の幸せ釣り上げろ~♪ってありましたね。
なんかね、そんな感じ。
釣り上げた魚の数や大きさではなく、如何に満たされるか?が凝縮してる記事ですね。
そして、初挑戦にして本命をGET!流石です。二人の情熱が呼び込んだ魚でしょう。カッコイイ!
おめでとうございました。

朱点紀行もいきますかね(笑)。

Good timesさん

ありがとうございます^^しかも、たとえがデカい、恐縮ですe-343

確かに満たされ、楽しめた旅でした。
個人的には出来過ぎの感が・・^^;
情熱はちょっとやそっとじゃ負けませんからね!!

朱点紀行ご一緒してもらえるんですか!?ウレシイ^^
でもきっと、、あれーっ!!ってくらいタフコンになりますよ(笑)

お疲れ様でした~(^_^)
じっくりと読ませて貰いました!
やりましたね~TOSHさん(^▽^)/
櫻鱒とのツーショットが最高ですよ! おめでとうございます!!
漁ちゃんとの旅は楽しいでしょうね(^^)ニコ
フラットランド号での生活もワクワクします。
後半も楽しみにしています。

ハンターさん

ありがとうございます^^
楽しかったですよ~♪♪、しかも車と飛行機が快適すぎて(前回に比べたら)
疲れとは無縁やったかも!?
しかもお魚まで釣れちゃってe-446何気に北海道とは相性良いかもです。
引っ張るほどではないのですが後半も間も無くです^^
プロフィール

TOSH(トシorトッシュ)

Author:TOSH(トシorトッシュ)
釣りとメシのブログへようこそ

福岡生まれ福岡育ち福岡市在住

子供の頃から釣り全般が大好きでした。
一時期釣りから遠ざかっておりましたが結婚を機にしたリターンアングラーです。
妻に感謝の日々でございます。
お見苦しい点もあるでしょうが軽く笑い飛ばしていただけると幸いです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR